知る学 Study Know
イベント詳細マーク
  • スタンプ
  • 予約制
  • 無料
  • プレゼント
DATAマーク
  • 会場
  • 住所
  • アクセス
  • お問い合わせ

親鸞の師•善導大師に学ぶ

親鸞の師•善導大師に学ぶ

⿓⾕⼤学・明治⼤学連携講座 ⿓⾕⼤学REC コミュニティカレッジ東京 in 明治⼤学リバティアカデミー 「シリーズ 親鸞の⾼僧和讃を読む −善導⼤師−」

1月20日(土)/1月27日(土)/2月3日(土)/2月24日(土) 13:30〜15:30

親鸞聖⼈(1173〜1262)の著述には漢語聖教と和語聖教がありますが、今回は和語聖教の「⾼僧和讃」を読んでいきます。また、七⾼僧のうち、中国の善導⼤師(613〜681)を讃嘆される和讃を読みます。親鸞聖⼈の⾔葉を丁寧に読みながら、和讃の響きに静かに⽿を傾けてみましょう。

【第1回】2018年1⽉20⽇(⼟)
「善導⼤師を讃える和讃を読む①」
⽟⽊ 興慈(⿓⾕⼤学教授)
「七⾼僧」第五祖の善導⼤師に関する和讃は26⾸ありますが、その中の「⾦剛堅固の信⼼のさだまるときをまちえてぞ 弥陀の⼼光摂護して ながく⽣死をへだてける」と謳われる和讃を紹介しながら、「⾦剛⼼」「⼼光摂護」など、善導⼤師の思想のキーワードについて、やさしく学びます。

【第2回】2018年1⽉27⽇(⼟)
「善導⼤師を讃える和讃を読む②」
⽥中 無量(千代⽥⼥学園中学校⾼等学校教諭・元⿓⾕⼤学⾮常勤講師)
「七⾼僧」第五祖の善導⼤師に関する和讃は26⾸ありますが、その中の「釈迦は要⾨ひらきつつ 定散諸機をこしらへて 正雑⼆⾏⽅便し ひとへに専修をすすめしむ」と謳われる和讃を紹介しながら、「定善」「散善」「正⾏」「雑⾏」など、善導⼤師の思想のキーワードについて、やさしく学びます。

【第3回】2018年2⽉3⽇(⼟)
「善導⼤師を讃える和讃を読む③」
⽥中 無量(千代⽥⼥学園中学校⾼等学校教諭・元⿓⾕⼤学⾮常勤講師)
「七⾼僧」第五祖の善導⼤師に関する和讃は26⾸ありますが、その中の「善導⼤師証をこひ定散⼆⼼をひるがへし 貪瞋⼆河の譬喩をとき 弘願の信⼼守護せしむ」と謳われる和讃を紹介しながら、⼆河の譬喩に表される凡夫の姿と、釈迦弥陀⼆尊のはたらきについて、やさしく学びます。

【第4回】2018年2月24日(土)
「善導大師を讃える和讃を読む④」
玉木 興慈(龍谷大学教授)
「七高僧」第五祖の善導大師に関する和讃は26首ありますが、その中の「弘願のちからをかぶらずは いづれのときにか娑婆をいでん 仏恩ふかくおもいつつ つねに弥陀を念ずべし」と謳われる和讃を紹介しながら、善導大師の『観経四帖疏』の思想について、やさしく学びます。

参加費:REC会員1,720円(税込)/一般2,590円(税込)(1回あたり)
定 員:各回100名(※申込先着順/定員超過の場合はキャンセル待ちとなります)
申込先:龍谷大学RECまでお申込みください

明治大学駿河台キャンパス リバティタワー

東京都千代⽥区神⽥駿河台1-1

JR・東京メトロ「御茶ノ⽔駅」より徒歩3分
都営地下鉄「神保町駅」より徒歩5分

075-645-7892(龍谷大学龍谷エクステンションセンター/REC)

  • 予約制